レベルアップキャンペーン その2~学術研究の記述ページ数が30%アップだったのです~

予定通り、明日6/17月曜日21:00~22:30 A鯖ジェノヴァ商会管理局前広場におきまして、月例「ジェノバザー」を開催いたします。出展、催物等御自由でございますので、倉庫整理、交流等の場として是非お役立てください。皆様の御来場お待ち申し上げます。よろしくお願いいたします。

レベルアップキャンペーンが継続中だ。6/18のメンテまでは海事系スキルが+1され、リヴァイアサンを倒した数によって、メンテ以降に得られる経験値、スキル熟練の恩恵が決まるようだ。6/11までの1週間は冒険系スキルが+1されていたが、同時に大学の研究の報告時や学術研究の進行に+30%の優遇があった。6/9日曜の夜になってから、あることを思い出し、慌てて準備を整えて、翌日それを行った。海事教官の学術研究だ。

GWの10連休のときにADAM☆LALLANAの統率スキルをR6に上げ、「海事教官の研究2」に取りかかる条件はクリアできていた。肝心の研究をやらずに約1か月が過ぎていたわけだが、研究の記述ページが+30%されるチャンスなどそうそうあるものではない。INIESTAにも同じ研究をさせ、☆DECO☆も加えて3人艦隊で黒海に向かい、弱そうなNPC艦隊を見つけては沈めていく。

「海事教官の研究2」は海域戦闘クエストに出現する強敵を倒すことで研究が進む。通常は強敵を12回撃破、即ち、そのクエストで200隻を沈め、強敵に4回勝つと言うことを、3セットやらなくてはならない。さてキャンペーンでどのくらいの恩恵があるのか期待して強敵出現を待ち、お出ましになったら「太陽の護符」の力を借りてさっさと退治する。まあ、結果としては強敵12回のところが10回になっただけで、海域戦闘クエスト自体は3回やらなくてはならないのは同じであった。

せっかく海域戦闘クエストをやっているのだからと、研究の報告だけ行い、学術スキルをセットして結局強敵を12回倒した。これで2アカウント3キャラが「海事教官の知恵1」を覚えたので、今後海事レベル上げを行う際には多少楽にはなろう。次はDEL☆PIEROのレベルを上げようか。連続してやれば1時間と少しで200隻と強敵4回を倒してかなりの経験値と名声を稼げる。昔のレベル上げを思い出すと、ずいぶんどころではなく簡単になったものであるね。

(追記)
画像

6/14に「しあわせの風見鶏・支社」商会開拓街の人口が減り、白い鉱石が工業品交易所から消えた。早速商会員にメールを送り、移民誘致クエストを開始する。北米まで3往復したところで白い鉱石が早くも復活してくれた。新天体ハンター商会員の報告では、やはり、その時点で技術系移民パラメータが一定のところまで伸びていたと言うことである。その後、みんなのがんばりで、わずか3日で目標人数に到達するどころか、それを1単位68人超えて10572人にまで人口が増えた。幸い、白い鉱石、鉄材共に無事で、どうやらこの人数がリミットのようだ。今後もマージンを取って目標人数の設定は従来通り10504人にしておくことにしよう。

"レベルアップキャンペーン その2~学術研究の記述ページ数が30%アップだったのです~" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント