C・Wモーガンなのです

11/17火曜日21:30~22:30、A鯖ジェノヴァ商会管理局前広場におきまして、月例の「ジェノバザー」を開催いたします。メンテナンス直後で公式イベント初日、A鯖大海戦前と少々慌ただしいタイミングですが、是非ジェノヴァにお立ち寄り下さりバザーを楽しんでいただけたらと考えております。出展はもちろんのこと、催物等も御自由でございますので、資金稼ぎ、アイテム整理、交流等の場としてもお役立てください。よろしくお願いいたします。

先日、「しあわせの風見鶏」商会に復帰してくれた商会員がいる。かなり久しぶりであり、少々戸惑いつつも南蛮交易に精を出しているようだ。その中で頻繁に見かけるポトシが気になっているようだが、まだまだレベルが追いつかないので、とりあえず交易レベルが76になったらC・Wモーガンだねと伝えてあった。先々週くらいには、そろそろ乗船可能レベルになりそうであったので、少しずつ造船の準備を進めていたのだが、商会ショップに調理室が見当たらない等、思っていたより時間がかかってしまい、ようやく昨日土曜日に船を仕上げることができた。

その昔、船には専用艦も合わせて3つしかスキルが付かなかったものだが、今回造ったC・Wモーガンはシップリビルドでスキル継承とスキル枠追加1をグレードボーナスに選択したこともあり、倍の6つもスキルが付与されている。内訳は急加速、主計室が従来のOPスキル、専用艦で高層見張り台、シップリビルドでG3にしたことによる拡張スキルで上流奢侈品保管庫、スキル継承で南蛮貿易優遇、スキル枠追加1で副官室となる。船形式は探検船、容量は+20%で1045の積み荷を運べる。

折しも今月のボーナスクエストの週末クエスト報酬が「船素材発注書(NO.1)」だ。今回もこれが大活躍、大ストームセイルが用意されているのがうれしい。数十枚あれば交易移動用大型船の通常強化は事足りてしまう。船形式を探検船にしたのは帆、旋回、対波性能の底上げのため、容量を+20%にとどめてあるのは通常強化時に帆と対波性能に影響が及ばない目一杯のところで速度と積載のバランスをとった。7回の強化で無事、帆、旋回、対波が最大にまで強化でき、後は船を渡すだけだ。

要望があれば倉庫を増やす強化をさらに行うこともあるかもしれないが、ぼく自身のキャラが乗るとしても、これで充分だ。委任航行が中心のキャラであれば考える余地も多少あろうが、それよりも副官船を大きくするよう工夫する方が良いと思う。委任メインなら、そもそもC・Wモーガンではなく大型福船の方が積載が多く使えるかもしれない。そのあたりは船を渡す際にいろいろ話してみようと思う。そして、さらにがんばった先には、ポトシが待っている。造船するのが楽しみなことである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント