今回はDOLじゃない話なのです

COVID19の感染はいよいよ身近なところにまで広がってきている。ぼくの勤務している建物にも陽性者が出ているのだが、仕事を止めてしまうわけにもいかず、戦々恐々としながら平日は渋谷に通っている。差し障りもあるので何をしているかをここでは言えないが、業務を止める影響が相当に大きな職場なのだ。事ここに及んで、もうこれ以上経済活動を抑止すれば生活が立ち行かなくなるところまで事態は深刻化している。感染を広がらなくすることは実は単純で簡単なこと、即ち人と人が触れ合わなければいいのだが、それではそもそも社会が成り立たない。国が予算と権限を行使する部分と、地方に任せた方がよいところの区分けを、もう少しうまくできないものか。森を見て木を見ないと言ったような状態になっている気がするのだがいかがだろうか。

少し踏み込んだことを言ってしまったけれども、東京に住んでいることもあり何か言わずには居れなくなる。脱線ついでに今回は、さらにDOLとは関係ない話を続けようか。実は子供の頃から将棋が好きである。所謂「観る将」ってやつだ。以前は毎日曜日NHKでやっている番組くらいしか、モニターで将棋を観る機会はなかったのだが、最近はネットでの中継もある。以前、羽生善治氏が登場し七冠を取ったことに興奮したものだが、今、それ以上の熱さを感じさせる若者が現れた。藤井聡太氏だ。彼の活躍に心躍らせている。彼を起点に将棋のネット中継もDOLをやりながら楽しんでいるのだ。羽生氏が自らを語る文章やインタビューを見るたびにいつも大きな感銘を受けるのだが、将来藤井氏の言葉は相当な影響力を持って我々に刺激を与えてくれるに違いない。彼の思考の一片でも感じたいと思う。

そうなると、以前からCSやDAZNでF1、サッカー、野球等を視聴しているところへPCでの将棋も加わるわけだ。仕事のある平日はともかく、土日は忙しいことになる。コロナ禍でシーズンの開始が遅れた分を取り戻すべく各競技の日程が詰まっていて、ここのところ特に土曜日は何時から何を観るかの調整から1日が始まる。そんな感じで過ごしていればゲームどころではないと思われるかもしれないが、何とかなってしまうのがDOLのいいところである。ちゃんと先週もボーナスクエスト、新天体視認、通商寄贈と言ったルーティンをこなしつつ、DEL☆PIERO&☆DECO☆で進めているレガシーのピース集めもやった。今日もこの後ログインしてDOLをプレイしつつ、最後はF1で〆る1日となるのである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント