ソフィア覚醒の変性錬金もそろそろなのです

7/20月曜日に開催いたしました月例「ジェノバザー」に御参加くださいました皆様ありがとうございました。Twitterでも御礼を申し上げましたが、楽しいひとときとなりましたこと、この場でも改めて感謝いたします。次回は8/17月曜日を予定しております。出展、催物等御自由でございますので、是非ジェノヴァにお集まりいただき、短い時間ではございますが賑やかに過ごせればと考えております。よろしくお願いいたします。

カレンダー通りの4連休の3日目である。ぼく自身は少々体調が思わしくない(鼻風邪のようなものだ)こともあって、都知事の指示に従い不要不急の外出を控え、大人しくしている。おかげでと言うべきかDOLに割ける時間は多い。DEL☆PIERO&☆DECO☆のコンビで続けている「数の叡智・世界の計算機」のレガシーも、DEL☆PIEROは7つ全部、☆DECO☆は6つの発見物にたどり着いた。なんとか☆DECO☆のあと1つを見つけて、錬金の方もやってみたいところなのだが、「叡智の根源」が2キャラ分やるには足りない。もうしばらく「数の叡智・世界の計算機」を繰り返さなくてはならないようだ。

しかしまあ、錬金はどちらか1キャラでもいいと言えばいいかと思い直し、メモリアルアルバムを完成させるには何をどれだけ用意するのかとwikiを眺めてみる。表に示されている材料の2と3については心配がない。INIESTAが薬液等を持っていたりするし、「特殊船塗料」も在庫がある。手が掛かりそうなのは素材アイテムを準備することのようだ。特に「貴賓用金属装材」と「貴賓用木製装材」については、今つらつらwikiを掘っていくと必要なレシピは持っているようだが、「強化鋼の板金」と「最高級染料」、「名匠の鍛冶道具」あたりが厄介だ。

厄介と書いた3つのアイテムは一応、今回計画している変性錬金に足りる分だけの在庫はあるはずだが、今回はそれに手を付けることはしたくない。少々時間はかかるけれども、この分は今日明日くらいで数を揃えられよう。この後ログインして通商活動報告のために各同盟国に散っていたキャラをジェノヴァに呼び戻しボーナスクエストの週末分を片付けたら、稼働3アカウント6キャラ総動員で、かっちょいい二つ名をDEL☆PIEROに名乗らせるべく動き始めるとしようか。E鯖ボストンで通商寄贈をして、太平洋を渡り浦項の貿易商人から「名匠の鍛冶道具」をもらうところからになるだろう。結構大がかりなミッションとなりそうである。

(追記)
と、まあ錬金に使用するアイテムを作ったりしていたのだが、1日経ってwikiの表を改めて確認したところ、愕然としてしまった。この変性錬金は、これまで獲得したソフィアを消費するのだね。全部やろうと思えば8300のソフィアが求められるところが全然足りない。やはり「数の叡智・世界の計算機」のレガシーを、まだまだ繰り返さなくてはならないようだ。そのついでに少しずつ素材アイテムを集めていくことにしようか。二つ名を名乗れるのはいつになることやら、と言った感じである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント