論戦のレガシーピースなのです

引き続いて「数の叡智・世界の計算機」のレガシーを中心にプレイしている。とは言え平日の短いログイン時間では、ボーナスクエストや新天体視認やらをこなしていかねばならないこともあって、なかなかに進まない。前回の記事の画像に2つのレガシー発見物を見つけたところまでは載せた。しかし、昨日ようやく3つ目にたどり着いたものの、☆DECO☆はともかくDEL☆PIEROの方は前と同じレガシーを引いてしまい、1週間何だったのかと思ってしまうようなのんびりさ加減だ。

さらに理由を加えると、☆DECO☆の冒険発見物の少なさだ。他の2つのレガシーテーマでもそうなのだが、ピースを集める手段の1つとして論戦のコンボを出すことがあげられている。現在取り組んでいる「数の叡智・世界の計算機」では3つのコンボが示されているが、すべてインカ帝国に絡むもので、「キープ・カヨマック」の称号を得られるインカエピソードの冒険ルートをやる必要があるのだ。もちろん、論戦のピースが無いといけないと言うわけではないけれども、行動を共にするDEL☆PIEROはすでに発見物カードを持っていることもあり、それならば☆DECO☆もと考えたのである。

エピソードクエストのこと故、進めていくのには時間がかかるが、ストーリーをまた味わいつつ「インカの情報網」なる論戦コンボ発見物を用意できた。早速DEL☆PIEROと☆DECO☆で論戦を開始する。DEL☆PIEROの方は比較的あっさり「インカ帝国の神器」なるコンボを成立させて、レガシーピースを入手した一方、「インカの情報網」はさっぱり出ない。1時間ほどがんばってみたけれども、「神器」は何度も出るのに対して「情報網」は2枚コンボの片方すら出ずに勝負が終わることもしばしばであった。

これも日頃の行いかとため息をつきつつ、仕方なしに☆DECO☆も「神器」のコンボ発見物カードを揃えるべく、再度クスコへの冒険に出た。2種類コンボをデッキに組み込んでおけば、出現確率も上がるだろう。「タパク・ヤウリ」を発見し、ついでにリマでクスコ行きの地図を出して、「インカ帝国の祭事」なるコンボにも一応備えておいた。「神器」のコンボの片割れ「黄金の円盤」はエピソードクエストの途中で見つけてある。せっかくなのでクスコの街中で☆DECO☆のデッキを組みなおし、改めて論戦レガシーピースに挑戦してみると、1回目の勝負であっさり「神器」のコンボが出る。これ、出易いコンボと出難いコンボとかあるのかね。それともクスコと言う場所なのか。まあ、ともあれ時間は要したけれども、レガシーピースを1つ手に入れられたわけである。リマが中枢都市でなかったら「黄金の円盤」は地図が出ないので、中枢を維持し続けていただいたことにも感謝せねばなるまい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント