使い勝手よさげな巡航型ケベック ~提督居室をいっぱい作ったのです~

サルベージ用巡航型ケベック.jpgサルベージ用巡航型ケベック 性能.jpg
17日に開催いたしました月例「ジェノバザー」に御参加御来場いただきました皆様ありがとうございました。当日は事前の宣伝が行き届かなかったこともあってか、少々人数的には少な目のバザーとなりましたが、まったりとしたいい雰囲気で時間が経っていきましたこと感謝申し上げます。次回は10/17木曜日を予定しております。出展、催物等御自由でございますので、できれば何かしら出展品をお持ちになりお越しいただければと存じます。よろしくお願いいたします。

今回はバザーの出展品に提督居室を選んだ。直前ではあるが大海戦前であるし、現在進行中のキャンペーンでもらえる「船素材発注書(NO.1)」からは出ないもの、需要は充分にあるのではないだろうかと目論んだのである。用意した数は以前に作り置きをしておいた分も含めると60個弱、バザーキャラの3アカウントの所持品枠はいっぱいになってしまう。価格は1個1mと破格と言ってもいいくらいの安さ、使用する際には複数個使う事も多いし、売れ始めたらすぐになくなってしまいそうだ。

しかし、である。上記の通りお客様が少なかったこともあったけれども、そもそもぼくのバザーキャラの前は素通りされてしまう。アピールコメントを工夫すればよかったか、時間は経てども全く売れない。「しあわせの風見鶏」商会員たちは順調に売れているようだ。結局バザーを共催している商会の会長と「しあわせの風見鶏」商会員の1人が合計で8個買ってくれた8mが総売り上げ、翌日一苦労しながら、余った提督居室を倉庫に押し込むこととなった。まあ残念だが仕方がない。次回はもう少し用途の広そうなものを売るとしようか。

提督居室をバザーアイテムに選んだのにはもう1つ理由があって、それが冒頭の画像の船である。船を造る際に倉庫のパーツ在庫を見てみたところ、この船の強化には充分足りそうな数ではあったが、さらに別の船をとなると少々心許ない量であった。それならばと提督居室を大量生産することにしたのだ。なぜ巡航型ケベックかと言うと、とある「しあわせの風見鶏」商会員がサルベージを始め、もともとレベルに合った冒険移動用の船を持っていなかったこともあって、いい船はないかとあれこれデータを比較検討した結果である。

似たような船で高速ケベックを以前造ったことがある。最小必要船員数の割には船室が広く、普段は燃費も考え船員も少なく航海でき、サルベージの際にはそのために充分な人数を雇い入れることが可能だ。今回巡航型ケベックにしたのはOPスキルで副官室を付与したかったからだ。乗船者のレベルから考えれば、副官室はできるだけ装備しておきたい。他のスキル構成はシップリビルドで曳航補助をスキル継承し、探査船改装を施すとともに、OPスキルでは急加速、専用艦スキルには曳航時の奇襲に備えて高層見張り台とした。容量は-24.99%、船形式は当然探検船である。

これならば、冒険移動用として充分であろう。レベルが上がればもっと速い船を用意できるが、気持ちよく乗れる船に仕上がっているはずだ。実は1度造って船を渡した後になって、シップリビルドで探査船改装をするのを忘れていたことに気づき、先程造り直した。まあ、おかげでと言うか、提督居室を10数個使ったので少し倉庫キャラの貸金庫が広くなった。乗船者がこの船でこのゲームの新たな楽しみを見つけ、次の船をとなってくれれば船大工として大きな喜びである。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年09月22日 06:45
倉庫が広くなった(倉庫-24

10月までは……なんとかインできるはず……
今日から夏休みだしクリスマス戦線まではまだ時間があるから……
INIESTA
2019年09月22日 16:37
倉庫が広くなったってのは、倉庫キャラの所持品枠のことね^^;
修正しときましたw