「造船技師の宝箱」~簡単なレアハントなのです~

昨日開催いたしました「ジェノバザー」にお越しくださった皆様ありがとうございました。今回もジェノヴァの検索人数が100名に達する盛況、大感謝です。出展が少々足りなかったようでしたが、その点を含めまして課題とし、次回もよりお楽しみいただけるバザーイベントにしたいと考えております。次回は年が明けて1/17の予定です。出展、催物等御自由でありますので、倉庫整理や交流の場としても御活用いただければ幸いです。

今回も多数の方が盛り上げてくれたバザーであった。ぼくは探索、開錠+1の頭装備「夏の都の装飾帽」と帆塗料3種類を事前に用意していたので、それを出展しようと思っていたが、前回の記事の終段に書いたようにちと足りないかと考え、新たに別の物も急遽数を揃え売り出すことにした。テラ・ノヴァ沖のNPC艦隊偽装巡視船のレアから獲れる「造船技師の宝箱」を40個ほど出したのである。

先日のレアハントイベントで収奪と戦術スキルを練成することができたのだが、収奪はブーストすれば練成R20を実現できる一方、戦術は練成したばかりであった。そのスキル上げにテラ・ノヴァ沖のレアハントを選んでいて、ゆっくり時間がある時に「特殊船塗料」や「造船技師の宝箱」を手に入れていた。「特殊船塗料」の方はレア沿岸海賊に出会ったとしても、戦術スキルを乱用していてはすぐに全艦拿捕してしまうので、こちらはほどほどに、メインは偽装巡視船である。何かのときにと思って10個残しておいた「造船技師の宝箱」に、昨日1時間と少しがんばって30個ほどせしめて来たものを加えて出展したのだ。

偽装巡視船はテラ・ノヴァ北岸上陸地点の東側に4か所と島の南に1か所、計5か所の交互湧きだ。以前とNPCの湧き方が変わって、今ではわざわざ島の南側まで行く必要は滅多にない。狩れば狩るほど湧きがよくなるようになっているらしい。レア偽装巡視船は青い帆の重フリゲートが旗艦の5隻艦隊であるので、「特殊船塗料」の沿岸海賊と違い見分けはすぐつく。しかも、レアと言うほどのものでもなく、ぼくの感覚では平均すると3艦隊に1つはそれが出現する。よって、それほど粘着する必要もなく、心置きなく戦術スキル連発でどんどん拿捕していけばよいので、GERRARDのスキル上げにはうってつけのNPC海賊なのである。

とは言え、宝箱も欲しいので多少は粘るようにはしている。ぼくのやり方はこうだ。5隻艦隊の砲撃はそれほどでもないが、囲まれてクリティカルをもらうとかなりの衝撃で、うっかりすると沈む危険もある。そこで、まず回避スキルを発動した直後に白兵に入れるような位置取りで交戦を仕掛ける。船は例の将官用ラ・レアルに船員を200名程度、装備品は攻撃、防御とも100程度でサンクトゥスEXを身に付けている。まずは、戦術スキル連発で2隻まで拿捕してしまい、その後は白兵スキルは防御スキルに切り替え、残りの3隻を捕まえて戦闘終了だ。これだと火炎弾が鬱陶しいが、まず沈む心配なく戦える。一応資材は多めに積んでおくとよいだろう。

そんな感じでうまく湧いてくれれば、1時間程度で20個以上の「造船技師の宝箱」を入手することは難しくない。スタックアイテムではないので、荷物持ちキャラを同行させておくと便利だね。昨日昼間はレア偽装巡視船がかなりの頻度で出てきてくれたので、ストレスなく狩り続け、バザーの出展品に充分な数になった。御購入くださった方々ありがとうございました。「造船技法の極意書」が出たかどうかはわからないが、御幸運を祈るばかりである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック