しあわせの風見鶏

アクセスカウンタ

zoom RSS 学術研究は続く〜後編 天文学のエイジ効果がいらなくなるのです〜

<<   作成日時 : 2017/05/02 23:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

冒険職における学術研究は「〜の研究2」で学問スキルR17発見物を求められるものが多い。各職業に沿ったR16以下の発見物でも「〜の研究2」は進むのだが、32回の発見が必要で効率もよろしくない。R17発見を7回やるのが発見するために移動する時間を考慮しないなら最短となる。そして、学術協会実装以降、学術スキルをセットしておかないと依頼が請けられないR17発見物クエストが多数加わった。つまり、天文学発見物をコンプリートしたいとなれば、まずは「天文学の研究1」をやって学術スキルを取り、R17発見物クエストをできるようにしなくてはならないのだ。

「天文学の研究1」は天体発見10個で終了する。他の学問でも同様だね。これはEU内のクエストをてきとーに回してすぐ片付いた。次いで「天文学の研究2」に取り掛かろうとしたのだが、wikiの情報を見てみると、「クリスマスの星」と言うクエストの前提が「三つの贈り物」なる宗教学R17のクエストとなっている。wikiには「三つの贈り物」は「学術なしで出現」と書かれていたので、必要スキルに足るブースト装備を用意してヴェネツィアに向かった。しかし、冒険依頼人のところでスキルを整え依頼斡旋書を叩いてみたものの、一向に「三つの贈り物」が出ない。

300枚は依頼斡旋書を使っただろうか。さすがに諦めた。が、このままでは「クリスマスの星」ができないので、一旦司祭に転職して「司祭の研究1」をやることにした。司祭の学術スキルがあれば「三つの贈り物」が出るのではないかと思ったのだ。宗教学クエスト10回なら、東地中海を行ったり来たりするだけで、さほど面倒ではない。司祭の学術スキルをセットして、再度クエストを出そうとトライしてみたところ、依頼斡旋書3枚で出た。学術スキルをセットしていなかった☆DECO☆もクエストを請けられたと言うことは、やはり学術スキルなしでも出るけれども、それでは相当出にくいクエストなのか、紹介なら学術スキル関係なしに請けられるのかのどちらかだろう。

再び天文学者に転職して、「天文学の研究2」を請ける。もう1つ天文学以外のクエストが前提となっているものがあって、それも先に片づけることにした。サントドミンゴ、ポルトベロの生物学クエスト「くちばしを巡る口喧嘩」だ。アマゾン川上流で「オオハシ」を発見したら、ようやく肝心の学術研究に取り掛かれる。そのままサントドミンゴに戻り、「新大陸の鳥の星座」を請け、バイーアの沖で達成、研究が25ページ進んだ。あとはこのままR17発見物クエストを6つやれば論文提出だ。

当面はこの2キャラは現在wikiにあがっている天文学クエストをずべてやることになる。他のキャラは地図職人の学術研究を2つだ。このゴールデンウイークの課題の1つが決まったと言うことだね。7日までの5連休を丸々DOLに費やすことはおそらくないとは思うけれども、かなりの時間遊べることは間違いない。スキル熟練が+50%の期間でもあるので、GERRARDの白兵スキルのことも意識しつつ、じっくりキャラを育てようと思っているところなのである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
学術研究は続く〜後編 天文学のエイジ効果がいらなくなるのです〜 しあわせの風見鶏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる