しあわせの風見鶏

アクセスカウンタ

zoom RSS 蒸気船あれこれ〜クラーモントに乗ってみたのです 前編〜

<<   作成日時 : 2017/04/16 20:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

前回の記事に書いたようにクラーモントを造船強化した。貴重な名誉市長限定パーツを提供してくださった方には大感謝だ。これ以上は差し障りもあろうかと思うので、造船レシピの公開はしないが、5回強化である程度課金パーツや名誉市長パーツを使えば帆、旋回、対波性能MAX強化は難しいことではない。+25%でも可能ではないかな。画像の船は+20%の容量で船室はINIESTAのウインドジャマー乗船時に合わせてあり、倉庫も増量していない。

この船に乗るまでにも自国の産業革命時にイベントをやる必要があるが、実際に安心して快適に乗ろうと思うといろいろな手続きを踏まねばならない(詳しくはwikiで先月のアップデート情報をご覧いただきたい)。まずは、蒸気技師に転職できるようにした上で、学術協会で蒸気技師の学術研究を請けられるように論文提出回数を稼いでおくこと、次いで冒険、交易、海事の蒸気船関連クエストを3つクリアして「マスターオブスチーム」の称号をいただくのである。

学術研究の方は論文提出22回で中級研究棟の蒸気技師の研究1が請けられるようになり、それを達成すると職業効果として、蒸気船の速度が上がる。「マスターオブスチーム」の称号は、名乗っていると石炭燃料の消費が抑えられ、さらに管理技術スキルをR15にまで上げれば、同じく石炭燃料消費抑制ができる。自国が産業革命時、1日3消費する石炭燃料は称号で-1、管理技術R15で-1、即ち条件が整えば200日いけると言うことだ。

先週1週間はほぼそのために費やされた。冒険の蒸気船関連クエストを請けてボストンで達成したら、交易商人に転職して論文提出回数を稼ぎ(4/2の記事をご覧いただきたい)、蒸気技師の研究1を請けられるようにする。このミッションはINIESTAで行っているのだが、相棒にはいつものADAM☆LALLANA、こやつをE鯖で鉄道投資させようとしたら、接続障害にぶつかってしまいINIESTA単独で動くしかなくなってしまった。仕方がないので蒸気船関連クエストの残りをやりつつ復旧を待つ。海事クエストも「太陽の護符」であっさり、交易はブタ100を届けるお使いクエストだった。

そのうちに「しあわせの風見鶏」商会員がログインしてきたので障害復旧が判明、運営からアナウンスもあり、急いで艦隊再結成に向かい無事合流、EUへと戻る。単独行動の間に蒸気技師の研究1もクリアでき、船の速度も10%上がってめでたしめでたしだが、もう1つやらなくてはならないことがある。管理技術上げだ。

〜後編へ続く〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
蒸気船あれこれ〜クラーモントに乗ってみたのです 前編〜 しあわせの風見鶏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる